MENU

利息でキャッシング選びをする時の注意点

女性

キャッシング・サービスは和製英語で、実際の英語ではキャッシュ・アドバンス(cash advance)といいますが、金融機関などが行う小口融資を意味します。

 

キャッシングには、クレジット・カードを利用するもの、専用のカード(カードローン)を使って行うもの、最近は電話やインターネットで受け付けて融資が可能であれば口座に振込む形態など多様化しております。

 

借りるに当たっては当然審査がありますが、本人確認や源泉徴収票など年収が分かる書類があれば、保証人や担保をつけずに融資を受けることができますので、現金が必要になった時に手続きが簡便で早く現金が入手できるメリットがあります。

 

しかし、お金を借りる以上は利息を払わなければなりません。できるだけ少ない返済額で済ませたいのはどなたも同じだと思いますが、金融機関によってキャッシング・サービスは違いますので注意が必要です。

総量規制

法律改正により、その人が借りられる限度額が年収の3分の1とする「総量規制」が取り入れられておりますので、既に融資を受けていて、残額が残っていれば、その残額は上限額から引かれますので、実際に借りられる額の上限は小さくなります。ただし、銀行のカードローンには総量規制が適用されません。他の金融機関から既に借りている場合でも、その額を合算した総額が限度額になります

電球

例えば、貴方の上限額が180万円で、A金融機関から既に60万円借りている時は、B金融機関から借りられる額は120万円が限度になります。このため、キャッシングする場合は、最も安い利息で済む金融機関1つに絞って借り入れることが得策です。

利息を考慮しながらキャッシングする時は、借り入れを予定している金融機関の利率について熟知しておく必要があります。

利率は金融機関によって異なります。

グラフ

例えば、利率3〜18%と記載されていれば、最低利率が3%で最高利率が18%という意味です。この利率は、金融機関が設定する貴方の借り入れ限度額によって変動します。金融機関が表示する利率が3〜18%で、借り入れ限度額が1万円から300万円となっていれば、300万円借りたときの利率は最低利率の3%、30万円以下であれば最高税率の18%、50万円以下であれば15%などと変動していくわけです。

従って、キャッシングする時は、各金融機関が表示している利率や限度額と、貴方の年収の3分の1である最大借り入れ可能額を見当つけた上で、利率の安い金融機関を選択することをお勧めします

 

実際に借り入れる額は少なくても、借り入れ限度額の枠が大きければ安い利率で借り入れることができるからです。

ランキング


審査時間 フリーター・パート レディース 即日振込
最短30分 なし
銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルG 4.7%〜18.0% 500万円 なし

公式サイトへ


オリックス銀行カードローン


審査時間 フリーター・パート レディース 即日振込
最短即日 なし
銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
オリックス銀行 3.0%〜17.8% 最高800万円 なし

※即日振込 ローンカード発行後


公式サイトへ



審査時間 フリーター・パート レディース 即日振込
スピーディ審査
銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 ※最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはプロミスポイントサービスにお申込された方

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


公式サイトへ